お世話住宅拝見

日新ホームでは、お客様とのお付き合いは家を建てた後に始まると考えています。
これまでに家を建てさせて頂きましたお宅を訪問し、みなさまにお伝えしてゆければと思います。

<< 二丈町 N様邸 | ふくおか背振の木の家-洗面、トイレ >>

背振杉と漆喰の家

背振杉と漆喰の家です。

床と天井を杉板張りにしてます。

壁は全面スイス漆喰を塗りました。

P5190291.jpg
P5190293.jpg

杉は柔らかさと粘り強いのが特徴で
素足で歩くと弾力があり気持ち良さを感じます。

天井は、梁を現して勾配天井で杉板貼りとしてます。

屋根の断熱材と杉板の断熱性の良さが
室内の温度を一定に保って過ごし易いと好評です。

壁はスイス漆喰を左官が塗り上げてます。

スイス漆喰はヨローッパの石灰岩大地が
生んだ真っ白な漆喰です。
P5190309.jpg

漆喰は硬化するときに空気中のCO2を
取り込みながら徐々に固くなるので
室内の空気を浄化する作用があります。
P6150142.jpg

トイレの床も杉板貼り、壁も漆喰塗りです。

トイレの床や脱衣場の床は耐水性を持たせるために
植物からとられた自然健康塗料「リボスオイル」
を塗布してます。

このオイルはアマニ油を主原料として
ドイツで床、家具、木材玩具に使用されて、
安全性が証明されております。

ウレタン塗装のように、木を塗装で密封せずに
呼吸できるようにオイルを浸透させています。

木が永く使われて独特の色調を醸し出すのも
無塗装とオイルフィニッシュのおかげです。

昔は板張りを米糠で磨いていましたが、
オイルは同じ作用を持っています。

PAGETOP