職人住宅とは?

1000年以上も昔から、職人の知恵と技術がつまった木造伝統建築。
長持ちする事が、基本に造られた住宅。

近くの山の木で家をつくるということ。

古来、わたしたちの祖先は、いまは伝統構法といわれる
木組架構で家造りをしてきました。
それは梁と柱との均衡のとれた架構で、
先人達が時間と労力をかけて継続してきた
すばらしい構法です。

骨組みをあらわして、観賞の美しさと木の性質をひきだして、
建物の維持を容易にし、住む人が住宅に適応して
何代にもわたり暮らしてきたのです。

地域産材は木材のみならず、しっくい、和紙、いぐさ。
などが生産されています。

地域産材で家をつくることによって、その地域の
森林を生かし、地域の産業を活性化して行きます。

それは、地域に新しい、木の文化をもたらしてくれる事でしょう。

P5279322.jpg
















地場産材で造る木としっくいの家

糸島市にて完成!

福岡県産材の耳納杉を天然乾燥させて
構造材として使用。

八寸24cmの大黒柱を立てて強化。

小国杉の床板。

糸島杉の建具、枠材。

内装材は七山のコウゾ和紙貼り。

壁の仕上げは柳川の貝殻漆喰塗り。

地元、糸島の杉、 耳納の杉、小国の杉、

有明海沿岸、柳川の貝殻を焼成して作るしっくい。

良い物が地元にたくさんあります。

建ち上がった住宅です。

すばらしい住み心地です。

PAGETOP